飯舘電力株式会社

ホーム

 飯舘村は、森林や田畑が広がり、牧場には牛が遊び、花を愛する村民の家々には季節ごとの美しい花々が咲き誇る美しい村でした。
 しかし、2011年3月11日以降、東京電力福島第一原子力発電所の事故により先祖が長年培ってきた田畑、森林、畜産といった生活の糧となる産業も、自然と共生していた暮らしも、放射能に奪われ、村民は理不尽にも離村を余儀なくされ全村避難の状態が続いています。

 事故後3年が過ぎるなかで村民の有志が集い、自らの手で地域を次世代に渡すため、この地を未来に向けて運ぶためにも、飯舘の資源を利用し、再生可能エネルギーによる「ふるさと飯舘村産業創造」を行なう事と致しました。

 私達村民自ら未来を選択し、行政と手を携え、新産業創出と若者の雇用を目標とし、再生可能エネルギーとしての太陽光発電事業、バイオマス発電事業、植物工場、研修施設の設置運営、世界に向けた情報発信事業、帰村拠点の運営事業等を行ない、飯舘村民の自立と再生を促し、自信と尊厳を取り戻す為に飯舘電力株式会社(本社飯舘村)をここに設立します。